過払い金請求をするとブラックリストに載る?住宅ローンへの影響は?

過払い金請求をするとブラックリストに載る?住宅ローンへの影響は?

過払い金請求はブラックリストに載らないと言われています。しかし、実際には過払い金請求をしてブラックリストに載る人もいます。

違いは借金を完済できるかどうかです。

借金返済中に過払い金請求をすると過払い金の金額次第では借金が完済できずにブラックリストに載ることがあります。

では過払い金請求をすると住宅ローンや自動車ローンに影響するのかが気になるところです。

過払い金請求でブラックリストに載る条件

冒頭で少し触れましたが過払い金請求をしただけではブラックリストに載ることはありません。しかし、借金返済中に過払い金請求を行い、過払い金で借金を完済できない場合には債務整理(任意整理)を行ったことになり、ブラックリストに載ります。

完済している人は過払い金請求をしてもブラックリストには載りませんし、借金が複数ある場合には完済した借金に対してだけ過払い金請求をすればブラックリストに載る事もありません。さらに、借金返済中であっても戻ってきた過払い金で借金が返済できればブラックリストには載りません。

過払い金請求した時にどのようなリスクやデメリットがあるかは事前に弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

銀行カードローンの過払い請求でも注意

銀行カードローンには必ず保証会社が付きます。カードローンの返済ができない場合には保証会社に立て替えてもらうのです。

銀行カードローンは金利が安いため過払い金請求はできませんが、銀行カードローンの保証会社に対して過払い金請求をするときには注意が必要です。

例えばバンクイック(三菱UFJ銀行)の保証会社はアコムになっています。アコムに対して過払い金請求をする場合でバンクイックを滞納している場合に問題になります。

バンクイックで滞納しているということは立て替えが起きている可能性があります。アコムに100万円の過払い金があったとしても、バンクイックの立て替えで150万円があった場合にはアコムに対して50万の支払い不足が出ますのでブラックリストに載ることになります。

クレジットカードのショッピングにも注意

クレジットカードにはキャッシングとショッピングの2つの機能がありますが、ショッピングをしているカードのキャッシングに対して過払い金請求をする場合には注意が必要です。

キャッシングは借金ですので過払い金請求できますが、ショッピングは借金ではなく立替金なので過払い金請求できません。

そして、ショッピングの残債が残っている状態で過払い金請求し、過払い金で残債を支払えない場合にはやはりブラックリストに載ってしまいます。

例えば、ショッピングで50万円の残債があり、キャッシングで40万円の過払い金がある場合、差し引き10万円不足がありますのでブラックリストに載ります。これが反対でショッピングの残債40万円でキャッシングの過払い金50万円であれば完済した上に10万円が手元に戻ってきます。この場合には当然ブラックリストに載ることはありません。

過払い金請求はローンに影響しない

過払い金請求は基本的に住宅ローンにも自動車ローンにも、その他各種ローンにも影響しません。

既に住宅ローンや自動車ローンを組んでいる場合には全く関係がありませんし、過払い金請求を行った後に住宅ローンや自動車ローンを組む場合にも問題になりません。

ただし、前述のように過払い金請求により、結果的にブラックリストに載ることがありますので、ブラックリストに載っていることが起因してローンが組めないということはありえます。

アコムに過払い金請求するとグループ会社の三菱UFJ銀行ではローンが組めないのでは?という疑問を持つ方もいますが、原則的には過払い金請求で影響することはありません。

過払い請求後に確実にローンに通るには?

既にお伝えしていますが、確実にローンを組みたい場合には次の方法をお試しください。

  • 完済してから過払い金請求を行う
  • 返済中の場合には過払い金で借金がゼロになる事を確認してから過払い金請求をする

返済中で過払い金がいくら発生するのか?借金はゼロになるのかを確認するには弁護士や司法書士に相談する事を強くお勧めいたします。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基礎知識