過払い金請求のデメリットは?ブラックリストに載るのは嘘?本当?

過払い金請求のデメリットは?ブラックリストに載るのは嘘?本当?

過払い金は支払いすぎた利息をなので、今からでも手続きを取るとお金が戻ってきます。

過払い金請求のメリットはそのものズバリ、お金が戻ってくることです。戻ってくるというよりも元々自分のお金だったものを貸金業者が返してくれないから手続きを取るという方が正しいかもしれません。

では過払い金請求のデメリットは何か?

過払い金請求にはデメリットがほとんどないという情報やブラックリストに載るからやめた方が良いという情報もあります。正解は過払い金請求する状況によってデメリットが変わる、です。

ここでは過払い金請求のデメリットについて解説いたします。

過払い金請求のメリット

過払い金請求のメリットはお金が戻ってくる事です。

ただし、借金返済中に過払い金請求を行った場合には借金を減らしたり、借金をゼロにしてお金が戻ってきたりします。お金が戻ってくるのは完済している場合か借金よりも過払い金が多い場合に限ります。

返済中に過払い金請求をして借金の方が多い場合であっても借金が大幅に減ることになりますので借金返済が早く終わります。これは非常に大きなメリットです。

デメリットを確認した上で過払い金請求の手続きを弁護士や司法書士に依頼しましょう。

完済後の過払い金請求のデメリット

借金を完済している場合の過払い金請求のデメリットはただ1つです。

それは、過払い金請求した貸金業者からはもうお金を借りられなくなることです。

つまり、アコムからお金を借りていてアコムに過払い金請求すると今後はアコムからお金を借りる事ができなくなるからです。これはアコムの社内に「過払い金請求をした」という記録が残り、次回お金を借りようとした場合には「過払い金請求した」ことを理由に審査に通らないからです。

ただ、必ず通らないというわけでもなく状況次第、貸金業者次第ではお金を貸してくれる事もあるようです。

しかし、そもそも過払い金請求をした貸金業者以外のところからお金を借りれば済む話なので大きなデメリットではありません。

完済から10年経つと請求できない

借金を完済している場合にはデメリットというよりも注意点が2つあります。そのうちの1つが完済から10年を過ぎると過払い金請求できなくなることです。

過払い金には請求期限があり、完済日(最後の返済日)から10年が経つと時効となり、お金を取り戻せなくなります。

過払い金請求の手続きはお急ぎくださいというテレビCMやラジオCMが流行りましたが、急ぐのは完済してから10年という期限があるためです。

裏を返せば借金を完済して明らかに10年以内であれば時効は関係ありません。自分のペースで手続きを進めればよいのですが、次にご紹介する貸金業者の倒産のことを考えれば早めに手続きを取った方がよいでしょう。

貸金業者が倒産すると請求できない

貸金業者が倒産してしまうと請求先がなくなるので過払い金請求できなくなってしまいます。最近では過払い金請求も落ち着いてきたようですが、過去には過払い金請求が企業の大きな負担になり経営状況が悪かったという話も聞きます。

実際にかつての消費者金融最大手の武富士は倒産しています。それ以外にも貸金業者は倒産や吸収合併を繰り返しています。今では大手以外では収益状況の良い貸金業者は少ないのではないでしょうか。

今後、経営状況が良くなる見込みも少なく、悪化することを考えれば倒産する前の今、過払い金請求をした方が良いでしょう。

さらに、倒産しなくても経営状況が悪くなると発生した過払い金の返還額にも影響します。値切り交渉をしてくるのです。できるだけ多くのお金を取り戻すためにも早めに弁護士や司法書士に相談しましょう。

返済中の過払い金請求のデメリット

借金返済中の過払い金請求のデメリットは状況により変わります。過払い金が借金よりも多いか少ないかです。

過払い金の方が多い場合にはデメリットは完済した借金と同じでほとんどデメリットはありません。

反対に借金の方が多い場合には過払い金を使っても借金が返済できないということですので債務整理をしたことになり、ブラックリストに載ります。過払い金請求をするとブラックリストに載るというのはこのことを指しています。

過払い金の方が借金よりも多い場合

過払い金の方が借金よりも多い場合というのは、返済中の借金が100万円あって過払い金が150万円発生しているような場合です。このケースでは過払い金の方が50万円多いので、借金がゼロになり50万円戻ってきます。

ただ、注意すべきなのは自分で過払い金請求する場合です。自分で過払い金請求する時には貸金業者もやや強気に交渉してきたり、ゼロ和解をしてきたりすることがあります。

ゼロ和解とは今ある借金をゼロにするという内容で和解することです。上の例の場合では借金100万円をゼロにするわけですから一見得をしますが、本当は借金がゼロどころか50万円戻ってくるはずだった、ということもありえます。

一度ゼロ和解をしてしまうと覆すことは非常に難しく、弁護士や司法書士による過払い金請求をオススメする理由の1つです。

借金の方が過払い金よりも多い場合

借金が過払い金よりも多い場合には少し厄介です。借金が200万円あって過払い金が100万円だとします。この場合には過払い金100万円全てを借金返済に充てても100万円の借金が残りますので完済できません。

この場合にはブラックリストに載ります。ブラックリストに載るということは今後数年間は借金はできませんし、ローンの審査にも通りません。クレジットカードの発行もできなくまりますので不便です。

ただ、借金の方が多い場合には特有のメリットもあります。

借金の方が過払い金よりも多い場合のメリット

過払い金は全額回収するのは意外に面倒です。仮に100万円の過払い金が発生していたとしても貸金業者からは60万円~80万円ほどしか変換できないと言われます。

もし全額回収をしたい場合には裁判をする必要がありますが時間がかかります。少なくとも話し合いによる交渉で全額回収はできないとお考えください。

対して、借金返済中に過払い金請求をして借金の方が多い場合には100万円発生した過払い金は100万円全てを借金返済に充当する事ができます。上の例と比較すると20万円~40万円得をすることになります。

さらに、同時に任意整理の手続きを進めることもできますので残った借金は3年での分割払いにして貰い、利息も免除してもらうという交渉ができます。

つまり、過払い金請求をすることで借金返済が大幅に楽になるということです。

過払い金請求にはメリットばかりではありませんが、メリットの非常に大きい手続きです。是非一度弁護士や司法書士に相談してみてください。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基礎知識