過払い金請求に関するよくある質問【まとめ】

過払い金請求に関するよくある質問【まとめ】

過払い金請求に関するよくある質問をまとめてみました。

過払い金請求を相談、依頼する前にご自身の疑問を解消しましょう。

返済が終わっている借金に対して過払い金請求はできますか?

はい、完済して10年以内であれば過払い金請求可能です。

完済して10年を過ぎると時効が成立し過払い金請求できないことがあります。貸金業者に不法行為があった場合などには時効が延長される事もありますので詳細は弁護士や司法書士に確認しましょう。

借金返済中でも過払い金請求できますか?

はい、借金返済中であっても過払い金請求は可能です。借金返済中に過払い金請求をする場合には過払い金の発生額と借金の残りのどちらが多いかにご注意ください。

過払い金の方が多い場合には、本当は借金は既に完済していたということになりますので、借金はゼロになりお金が戻ってきます。

反対に借金の方が多い場合には、過払い金全てを借金に充当しても借金が残ります。これは手続き上は任意整理という手続きを取ったことになりますのでブラックリストに載ります。

ブラックリストには誤解も多いですが、借金できなくなる、クレジットカードが使えなくなるなどの不都合が生じるのは事実です。どちらが多いかは手続き前に調べる事ができますので必ず弁護士や司法書士の地から借りましょう。

クレジットカードでも過払い金請求はできますか?

はい、クレジットカードのキャッシングであれば過払い金請求は可能です。ただし、クレジットカードのショッピング(買い物)では過払い金請求はできません。クレジットカードのショッピングは法律上は借金ではなく立替金として扱われるためです。

キャッシングとショッピングの両方を利用している場合でも過払い金請求は可能です。

貸金業者と何年取引をしていれば過払い金がありますか?

貸金業者との取引期間とは何年間借りたり、返したりをしているかの期間のことです。具体的に何年取引をしていれば過払い金請求ができるというのは決まっていません。違法金利(利息制限法で定める上限金利である15%~20%以上の金利の事)で貸し出しをしていれば取引期間が短くとも過払い金は発生しています。

法改正により2010年以降の借金に過払い金が発生することはありませんが、2010年以前に借金をしていれば過払い金が発生している可能性があります。

結婚により苗字が変わっていますが過払い金請求できますか?

苗字が変わっていても過払い金請求できます。請求時には当時の苗字が確認できるもの(戸籍謄本など)が必要です。

引っ越しにより住所が変わっていますが過払い金請求できますか?

借りた際の契約書と住所が変わっていても過払い金請求できます。ただし、当時の住所が必要になりますので弁護士や司法書士にご相談ください。

借金の契約書がありませんが過払い金請求はできますか?

過払い金請求は契約書や取引明細がなくても可能です。ただし、どこの貸金業者からお金を借りたのかの特定は必要です。思い出せない場合でも調査は可能ですので弁護士や司法書士に相談しましょう。

過払い金が入金されるまでの期間はどの程度ですか?

過払い金を話し合いの交渉で和解して取り戻した場合には半年程度です。訴訟をした場合には1年以上かかることもあります。

手続きの期間や和解後に返金されるまでの期間は貸金業者によって大きく異なりますので参考程度にお考えください。

詳細は過払い金請求の手続きを始めてからお金が戻ってくるまでの期間をご参照ください。

過払い金請求のデメリットは何ですか?

過払い金請求のデメリットは請求した貸金業者からお金を借りられなくなることです。

ブラックリストに載ることもありますが過払い金請求をしただけでブラックリストに載ることはありません。

詳細は過払い金請求のデメリットは?ブラックリストに載るのは嘘?本当?をご参照ください。

過払い金の請求期限はいつまでですか?時効とは何ですか?

過払い金の時効は完済後10年です。借金返済中であれば時効になることはありません。そのため、完済日から10年が経った場合には請求期限になっていることがあります。お早めに弁護士や司法書士に御相談ください。

詳細は過払い金請求には請求期限がある!10年で時効なので注意!をご参照ください。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基礎知識