過払い金請求の費用はどれくらいかかるのか?

過払い金請求の費用はどれくらいかかるのか?

過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼するのが基本です。そうなると気になるのが弁護士や司法書士にいくら支払わなければならないかでしょう。

結論から申し上げると、過払い金を取り戻した時に取り戻した金額の20%~25%が成功報酬として掛かります。それとは別に基本報酬が1件あたり5万~6万円前後掛かる場合があります。

過払い金請求に掛かる費用はだいたいどの事務所も同じですが、細かいところでは異なります。しかし、取り戻した金額の20%というのは最低限掛かると思ってください。

取り戻した金額の20%ということは100万円の過払い金を取り戻した場合には20万円の弁護士費用(司法書士費用)が掛かるということです。一見高く感じるでしょうが、自分で過払い金請求をするよりも多くのお金が戻ってくることを考えると、やはり弁護士や司法書士に依頼すべきでしょう。

過払い金請求の手続き費用

過払い金請求の手続きにかかる費用は大きく言えば次の6つです。

  • 相談料(無料~1時間5,000円程度)
  • 着手金(無料~1社数万円)
  • 基本報酬(無料~1社5万円)
  • 成功報酬(取り戻した金額の20%~25%)
  • 減額報酬(減額分の10%)
  • 実費(裁判や移動費用)

ただし、過払い金請求を得意とする事務所は相談料無料のところが多く、杉山事務所などのように着手金(初期費用)と基本報酬が無料な事務所も多数あります。

実費が掛かる事務所、掛からない事務所がありますので最初に確認すべきでしょう。

過払い金請求に掛かる費用は基本報酬と成功報酬が基本

基本報酬とは様々な手続きに掛かる費用で必ず支払うものです。過払い金がいくら発生しているのかを調べるために取引履歴を取り寄せたり、具体的にいくらの過払い金が発生しているのかを計算したりする事務手数料のようなものとお考えください。弁護士会でも司法書士会でも基本報酬の上限は1社5万円とされていますが、基本報酬無料という事務所もあります。

成功報酬とは過払い金請求を行い、お金を取り戻せた際に支払うものです。そのため万が一、お金が取り戻せないということがあれば支払う必要はありません(過払い金請求でお金が取り戻せないケースは非常に稀です)。基本的には成功報酬は取り戻した金額の20%なのですが、裁判をした場合には25%になることがほとんどです。裁判をすると費用が高くなるのは煩雑な裁判手続きを請け負うことや出廷する手間が掛かるためですが、裁判をすることでより多くのお金が取り戻せますので結果的には裁判をした方が得をすることがほとんどです。

減額報酬について

借金返済中で過払い金請求をすると、発生している過払い金で借金を返済すること(減額)ができます。この減額ができた場合に発生する報酬を減額報酬と言います。

仮に借金が150万円あり、過払い金が100万円発生していた場合には借金を100万円減額し、借金を残り50万円にすることができます。減額報酬は10%が一般的ですので、100万円減額した場合には10%の10万円が減額報酬として掛かります。

減額報酬は借金を減額できた場合の費用ですので、借金を完済している方には掛からない費用です。

和解交渉の際にかかる費用

通常、過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼しますが、自分で過払い金請求をする場合には最低限、和解交渉に掛かる費用を負担しなければなりません。

  • 貸金業者の特定のための費用
  • 取引履歴の取り寄せ費用
  • 内容証明による請求書の発送費用

過払い金請求をする前に、いつどこから借りたのかを特定する必要があります。どこから借りたのか覚えていない場合には信用情報機関に問い合わせて過去の借り入れを調べることが可能です。日本には信用情報機関はCIC、JICC、KSCの3つがあり、500円~1000円程度で情報を取り寄せることができます。

次に貸金業者にいくら支払ったのかを調べる必要があるため、取引履歴を取り寄せます。取引履歴の取り寄せは無料の場合もありますが、500円程度の費用がかかることもあります。ただし、取引履歴を取り寄せても過払い金がいくら発生していると書いてあるわけではありませんので、借りた金額と本来の金利から本来返すべき金額を計算し、実際に支払った金額との差額を出します。これが請求する過払い金の金額になります。

過払い金がいくらなのか分かったら請求書を発送します。本来は発送は通常の郵送で構わないのですが、交渉次第では裁判になることも考慮し、内容証明で発送する必要があります。どのような請求書かによって費用は変わりますが、1通あたり1,000円前後です。

裁判の際にかかる費用

自分で過払い金請求をし、裁判になった場合には更に次の費用がかかります。

  • 裁判費用(印紙代)
  • 郵送代金
  • 代表者事項証明書
  • 交通費(裁判所に出廷するため)

過払い金の発生額によって裁判費用(印紙代)は変わりますが例として過払い金が50万円なら印紙代は5,000円、100万円なら印紙代は10,000円です。そして、裁判所から相手方に発送する郵送代を先に支払う必要があり、これが大体6,000円です。

代表者事項証明書というのは法務局に行って取得する資格証明書です。請求する法人が実在することを示す書類で1通600円程度で購入できます。

弁護士と司法書士での費用の違い

過払い金請求は弁護士でも司法書士でも行うことができます。では弁護士と司法書士ではどちらが高いのか?安いのか?が気になります。

過払い金請求に掛かる費用については事務所によって費用体系が大きく異なります。相談料、着手金、基本報酬を無料とする事務所もあれば、全てに費用がかかる場合もあります。

そのため、弁護士だから高い、司法書士だから安いとは一概には言えませんが、傾向としては司法書士の方が費用が安いことが多いです。

なぜ過払い金請求の着手金は無料なのか

過払い金請求を得意とする事務所では相談料も着手金も無料というところが多いです。

成功報酬の20%(裁判をすれば25%)は必ず掛かりますが、本当にそれ以外に費用は掛からないのかは疑問に思われる方もいます。

中にはオプション費用を取る場合もありますが、いわゆる過払い金請求に強い事務所では成功報酬以外の費用が掛かることはありませんのでご安心ください。

※借金返済中の場合には減額報酬は掛かります。

ではなぜ過払い金請求の着手金は無料で請け負うことができるのでしょうか?

事務所には成功報酬だけも利益が出る

実は過払い金請求の着手金が無料であっても過払い金を取り戻した際の成功報酬で十分に利益が出るのです。

それくらい過払い金請求に強い事務所は多くの金額を回収できるためとも言えます。

逆を言えば、相談料や着手金を取る事務所は高い回収率が無くても利益を出せる仕組みになっている分、満額に近い回収ができるのかは疑問があります(適当に流しても利益が出るため)。

過払い金費用が安い事務所の探し方

安ければよいというわけではありませんが、費用が安いということはより多くのお金が手元に残るということです。

前述したように過払い金請求に掛かる費用には相談料、着手金、基本報酬、成功報酬、実費があります。これができるだけ安いところを探すべきでしょう。

オプション費用を取る事務所もありますが、公式サイトを見て載っていないようであれば避けた方が無難です。

相談料は無料が当たり前

弁護士や司法書士の中には相談料を1時間5,000円程度取る事務所もあります。しかし、お金を取り戻せるかどうか、そもそも過払い金があるかどうかも分からないのに相談料を支払うのは止めましょう。過払い金請求を得意とする事務所の中には相談料無料のところはいくらでもあります。

基本報酬は安い方が良い

基本報酬は上限5万円(1社あたり)掛かる場合があります。仮に4社に対して過払い金請求をした場合には20万円が掛かることになります。基本報酬がかかる事務所はありますが1万円でも安い事務所が良いでしょう。なお、基本報酬が無料の事務所もあります。

成功報酬は大きくは変わらない

成功報酬の相場は20%(裁判の場合25%)です。成功報酬はどの事務所も大きく変わることはありません。しかし、1%でも安い事務所があれば検討の余地はあります。

費用よりも回収額が多い方が重要

過払い金請求の費用を抑えることは重要ですが、それ以上に重要なのは回収額が多いことです。発生した過払い金をできるだけ多く取り戻すことで費用の負担を少なくすることができますので、費用よりも過払い金請求の実績がある事務所を選択するようにしましょう。

過払い金請求の費用がかかっても弁護士や司法書士に依頼するメリット

ここでは過払い金請求に掛かる費用のことを解説いたしましたが、費用がかかったとしても自分でやるよりも弁護士や司法書士に依頼することをお勧めいたします。

理由は次の通りです。

  • 交渉に有利
  • 時間も手間もかからない
  • より多くのお金が手に入る
  • 家族や周囲にバレない

交渉に有利

過払い金請求では交渉力が非常重要です。時には妥協する必要もあるのですが、個人で過払い金請求を行っても落としどころが分からなかったり、裁判に発展してしまい対応できなくなるという恐れがあります。また、個人で過払い金請求を行うよりも弁護士や司法書士が対応した時の方が貸金業者の対応が良くなることがあります。できるだけ早く、できるだけ有利に交渉を進めるためにも弁護士や司法書士に依頼しましょう。

時間や手間を省ける

過払い金請求は意外に面倒な作業が多くあります。貸金業者の特定、取引履歴の取り寄せ、過払い金の計算、請求書の作成・発送、交渉などです。裁判に発展するとなると更に大変です。弁護士や司法書士に依頼することでこの作業をすべて任せられるため非常に楽です。

より多くのお金が手に入る

弁護士や司法書士に依頼する最大の理由が、依頼した方が結果的に多くのお金を手にすることができることです。自分でやることで成功報酬を節約できますが、実は成功報酬を払ったとしても依頼した方が得をすることが多いです。余程自信がある場合を除き、自分で過払い金請求をするのはやめましょう。

家族に知られにくい

過払い金請求では電話や書類のやり取りがあります。書類が貸金業者から送られてくることで秘密にしていた借金のことがバレるという可能性があります。しかし、弁護士や司法書士に依頼すると電話も郵送物も窓口は事務所になりますので、周囲にバレる危険性が低くなりますので安心です。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基礎知識