過払い金請求は事務所選びで取り戻せる金額が変わる

過払い金請求は事務所選びで取り戻せる金額が変わる

過払い金請求をしようとしてもどの事務所に依頼したらよいのかを判断するのは難しいところがあります。実際、過払い金請求を依頼する事務所で取り戻せる金額も変わりますし、リスクも変わります。

どのような基準で弁護士や司法書士を選べばよいか、まとめてみました。

信頼できる事務所の基準

過払い金請求を依頼する事務所に重要なのは信用できる事務所か、信頼できる先生か、です。

過払い金や借金問題の無料相談をしてくれる事務所も多く、まずは無料相談で話を聞いてみましょう。話しをする際に電話だけで契約しようとする事務所があれば危険です。

弁護士や司法書士に依頼する際には面談が必要ですので、電話で話を聞いただけなのに契約書を送るので署名と捺印をして送り返してほしいと言われた場合には別の事務所を探してください。

また、面談してくれても事務員しか話をしてくれないという場合にも注意が必要です。弁護士事務所や司法書士事務所の事務員は法律には詳しいですが資格を持っているわけではなく素人です。過払い金請求のことをきちんと把握しているのは弁護士、司法書士だけですので必ず弁護士または司法書士が直接対応してくれるかを確認するようにしましょう。

過払い金請求や債務整理を専門としているか?

弁護士や司法書士であれば過払い金請求や債務整理を対応できます。しかし、弁護士でも司法書士でも専門分野がありますので誰でも過払い金請求ができるというわけではありません。

ほとんどの弁護士事務所、司法書士事務所には公式サイトがありますので事前に確認して過払い金請求の実績があるか、債務整理を専門に扱っているかどうかを確認しましょう。

手続きの費用は明確か?

弁護士や司法書士に依頼すると一般的には相談料、着手金、基本料、成功報酬、減額報酬などの費用がかかります。総額いくらがかかるのかが分かりにくい場合もありますし。事務所によっては〇〇手数料のような使途不明金を請求してくることもあります。手続き次第では実費(裁判費用や交通費)を請求してくることもあり、最初に費用体系がどうなっているのかは必ず確認しましょう。

特に過払い金請求や債務整理の場合には相談料無料の事務所や着手金を無料で請け負ってくれる事務所、費用の分割払いを受け付けている事務所などがあります。

費用は安ければよいというものでもない

過払い金請求は相談無料、着手金無料の事務所もあります。成功報酬も取り戻した過払い金の20%(裁判をした場合には25%)としている事務所が多いのですが、費用がこれよりも安い場合には良い事務所であるとは限りません。

費用が安くても貸金業者との交渉力がなければより多くのお金を取り戻すことはできません。より多くの過払い金が取り戻せれば多少費用が高くても結果的に手元に残るお金が多い事が多く、費用が安いから選ぶということは避け、過払い金請求の実績がどれほどあるかを確認してから依頼するようにしましょう。

過払い金請求の裁判を提案してくれるか?

過払い金請求には話し合いと裁判の2つの手続きがあります。

話し合いによる解決(和解)は手続きが早く終わる代わりに発生した過払い金の全てを回収することはできません。手続きの目安は3ヶ月で60%~80%ほどが戻ってきます。

一方、裁判による解決(判決)をすると手続きに時間がかかる代わりに過払い金をすべて回収できたり、発生した過払い金に利息が付いて戻ってきたりすることがあります。手続きの目安は6ヶ月で100%以上が返ってくることもあります。

どちらが良いとは一概には言い切れませんが、より多くのお金が戻ってくる過払い金請求訴訟はお勧めです。しかし、事務所によっては方針として訴訟は行わないというところもあります。訴訟をすることで大量の件数がさばけなくなり、効率が悪くなるからです。

しかし、依頼者のことを考え、話し合いによる早期解決を提案してくれることもありますので、解決方法は話し合いによる交渉だけとなった場合には理由を確認して、納得ができる事務所を選ぶようにしましょう。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基礎知識