過払い金請求の手続きを始めてからお金が戻ってくるまでの期間

過払い金請求の手続きを始めてからお金が戻ってくるまでの期間

過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼すれば自分ですることはほとんどありません。そうなると気になるのは過払い金がいつ戻ってくるかでしょう。

結論だけ先にお伝えすると、手続き開始から和解までに3ヶ月~6ヶ月程度。和解をしてからお金が戻ってくるまでに2ヶ月~6か月程度です。

早いと手続き後、半年もかからずにお金が戻ってきますが、長いと1年経って戻ってくるかどうかです。ではなぜこんなに手続きの期間に差があるのでしょうか?解説いたします。

和解の場合の過払い金請求にかかる期間

過払い金請求には和解での解決と裁判での解決の2種類があります。まずは和解で解決した場合のお話です。

過払い金請求の流れを大きく説明すると次のようになります。

  • 弁護士(司法書士)への依頼
  • 取引履歴の取り寄せ
  • 過払い金の引き直し計算
  • 貸金業者のへの請求
  • 和解交渉(和解できない場合には裁判)
  • 過払い金の返還

このように基本的には和解であっても、裁判であっても大きな流れは変わりません。

弁護士(司法書士)は最初に取引履歴を貸金業者から取り寄せます。この取り寄せにはだいたい1週間~2ヶ月ほど時間がかかります。機関に大きな違いがあるのは貸金業者によって対応が非常に大きく変わるからです。傾向としては信販系会社ではすぐに公開するのに対して消費者金融では公開に時間がかかる事が多いようです。

取引履歴が届くと弁護士(司法書士)はすぐに引き直し計算を行います。引き直し計算は一般的には難しい計算ですが、依頼した場合には2日~3日、早いと届いた当日中に計算が終わり、貸金業者に対して過払い金の請求書を送ります。

過払い金の請求書が貸金業者に届くと貸金業者の担当者から事務所に連絡があり、返還できる過払い金を提示してきます。ここで何故交渉が必要かと言えば、ほぼ100%の確率で請求した過払い金の全額を返還するという提案がないからです。

貸金業者は自社の利益を守るために、経営状況などを理由に60%~90%程度の返還を提案してきます。この金額ならすぐに返金しますと言ってくるのです。これに同意ができるようであればすぐに和解が成立しますが、100万円の過払い金が発生したとして60万円しか返ってこないのでは少ないと感じますよね?そこで交渉が必要になります。

弁護士(司法書士)は過払い金請求に慣れていますので、この貸金業者であれば経験的にどのくらい取れるということをよく知っています。対して貸金業者もこの弁護士(司法書士)なので大体どのくらいでないと納得しないということはよくわかっています。そのため、弁護士(司法書士)に過払い金請求をすると対応が早いと言われています。この交渉から和解まで大体1ヶ月くらいです。

あとは書類のやり取りなどで若干の時間がかかりますので、早ければ3ヶ月、時間がかかる場合には6ヶ月程度の時間がかかるのです。

和解が終わればすぐにお金が返ってくるように思えますが、実際には和解した金額が戻ってくるのは早くても2ヶ月程度、遅い場合には半年程度かかります。これも貸金業者によって非常に大きく変わります。過払い金請求によりお金が戻ってくることはまず間違いありませんが、必要な期間についてはマチマチですので覚えておきましょう。

裁判の場合の過払い金請求にかかる期間

過払い金請求を裁判で行った場合でも大きな流れは変わりません。ただし、裁判の前に一度交渉をして、相手の提示した金額に納得できない場合に裁判をすることが多いため、話し合いによる交渉よりも早く終わることはありません。

裁判をするには書類を準備し、裁判所に提出します。裁判所からは口頭弁論期日(裁判日のこと)が決められますが、だいたいは裁判所に書類を提出しても1ヶ月以上先に期日が開かれます。そして、期日になってもすぐに判決がもらえるわけではなく相手の主張や反論を聞き、その主張や反論に対する期日が更に1ヶ月以上先です。双方の意見が出尽くすまで期日が開かれますので早くても2回、長いと3回も4回も開くことになります。

ただ、多くの場合には裁判をしても過払い金が返ってくる事には変わりがなく、無意味な引き延ばしをしてくる貸金業者はほとんどありませんので、過払い金請求を始めてから裁判の話がまとまるまで半年程度です。

裁判をした場合には判決を貰うというイメージがありますが、実は裁判をしてもこちらから、相手から、裁判官から和解の提案があることはよくあります。そのため、裁判を行っても和解をすることで比較的早く終わることもあります。

貸金業者によっては裁判が長引くことや控訴することなどは予め想定できますので、弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

裁判で和解した場合でも判決を貰った場合でも、過払い金の返還が決まってから実際に戻ってくるまでは3ヶ月~6ヶ月程度掛かることは変わりませんので、裁判に6ヶ月、戻ってくるまでに6か月と考えると1年近くの期間がかかるとお思いください。

個人で過払い金請求をやった場合には倍の期間がかかる

上記は弁護士(司法書士)に依頼した場合の期間です。過払い金請求を個人で行うと大体倍の期間が掛かります。つまり、和解(話し合いによる任意交渉)では6ヶ月~12ヶ月、裁判では12ヶ月程度掛かります。

なぜこんなに時間がかかるかと言えば、取引履歴の取り寄せ、引き直し計算、交渉の全てにおいて余計な時間がかかるからです。

貸金業者にもよりますが、個人で取引履歴を取り寄せようとすると後回しにされて開示に時間がかかることがあります。そして、引き直し計算は複雑で個人で正確に計算をするのをすぐにやるのは難しいでしょう。交渉では貸金業者も限界まで粘って減額交渉してきます。個人では妥協点が分かっていないという前提で、できるだけ支払いを少なくしようとするのです。仮に個人で交渉して全額返還を求めたとしても相手は全額返還には応じません。妥協点が分からず、話し合いが平行線になり、裁判に踏み切るタイミングがずれるということも考えられます。

裁判をするとなると更に余計な時間がかかります。用意する書類が分からず、裁判所に聞きに行く時間、提出書類を作成しても差し戻されて書き直す時間、裁判中の和解でも妥協点が分からず不調に終わる場合などがありえます。

その割に個人でやっても特別大きな返還額が期待できるわけでもなく、裁判をやる場合には利息を取ることも考えれば弁護士(司法書士)に依頼した方が多くのお金が戻ってくることも考えられます。

このことからも個人で過払い金請求をすることはオススメできません。

過払い金が発生する取引期間

長年借金を返済してきたのだから過払い金があるという主張をされる方がよくいます。それはある意味では正しいのですが、実は取引期間と発生する過払い金の多少は関係がありません。

しかし、傾向としては長年返済をしてきた方がより多くの過払い金が発生するのは事実です。

具体的に何年返済していたらいくら発生するという目安は難しいのですが、杉山事務所のサイトには分かりやすい統計情報があります。

借入期間 過払い金発生額
1年 約10,000円
3年以下 約25,000円
5年以下 約60,000円
7年以下 約130,000円
10年以下 約300,000円
15年以下 約800,000円
15年以上 約2,000,000円

杉山事務所:過払い金が発生する取引期間の目安を参照

上記を見ていただくと分かるように10年近く返済をしてきた場合には30万円程度は見込めます。15年以上返済した場合には200万円以上取り戻せることもあるようです。

過払い金請求には請求期限がありますので、できるだけ早い段階で弁護士(司法書士)に相談するようにしましょう。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基礎知識