過払い金請求のリスクとは何か?

過払い金請求のリスクとは何か?

過払い金請求にはほとんどデメリットがありません。ただ、過払い金請求をした貸金業者からはもう借り入れができなくなることがデメリットと言われています。

では過払い金請求にリスクがないのかと言えば必ずしもそうではありません。

過払い金請求のリスクには何があるのか、ご紹介いたします。

リスク1.過払い金請求でブラックリストに載る

過払い金請求にはデメリットはほとんどありません。これは冒頭でも書いた通りです。しかし、過払い金請求をするつもりで任意整理をしてしまった場合にはブラックリストに載ることがあります。

借金返済中に過払い金請求をする場合、残っている借金と発生している過払い金を比較して借金の方が多い場合には任意整理という手続きを取ることになり、ブラックリストに載ってしまうのです。

ただ、借金返済中であっても過払い金の方が多ければ借金は完済できますし、お金が戻ってくることもあります。

借金返済中だから過払い金請求は避けた方がよいというわけでもなく、自分が過払い金請求をするとどうなるかは弁護士や司法書士に確認してから手続きを進めるべきでしょう。

リスク2.クレジットカードの過払い金を請求する

過払い金請求は消費者金融にしかできないと思われている方もいらっしゃいますが、クレジットカードのキャッシングも借金ですので過払い金請求をすることはできます。

カードの過払い金請求で注意すべきなのはショッピングをどの程度使っているかです。

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があり、キャッシング枠の中で借金ができ、ショッピング枠の中で買い物ができます。キャッシングをすれば過払い金が発生する可能性がありますが、キャッシングで発生した過払い金がショッピング枠の残債と比較してショッピングの方が多い場合には支払うべき金額の方が多いのでやはりブラックリストに載ってしまいます。

なお、クレジットカード会社によって複数のカードを発行していることがあり、カード会社に過払い金請求する時には発行しているすべてのカードに対して過払い金請求の手続きをすることになりますので、特定のカードではキャッシングだけ、別のカードではショッピングだけをしている場合であっても特定の1枚だけを過払い金請求する事はできません。結果的にブラックリストに載るというリスクはあります。

もちろんショッピングを使っていないのであれば問題ありませんが、念のため手続き前に確認すべきでしょう。

リスク3.過払い金請求で借金が家族にバレる

過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。その方が早く、効果的だからです。

しかし、自分でやろうと思ってできなくはないのが過払い金請求です。では自分で手続きを進めることがお勧めかというとそうではありません。

自分で過払い金請求をすると弁護士や司法書士に成功報酬を支払わなくてよいので、費用面では安くなりますが取り戻せる金額も少なくなります。そして、自分で手続きをすると書類や連絡は全て自宅に届きますので家族に借金の事がバレるというリスクがあります。

弁護士や司法書士に依頼すると家族にバレる心配はまずありませんので安心です。

リスク4.請求した貸金業者は利用できなくなる

大きなリスクではありませんが、過払い金請求をするとその貸金業者からの借り入れができなくなることがほとんどです。

これは貸金業者の中に「過払い金請求をした」という情報が記録されて、次回以降の審査に利用されるためと言われています。いわゆる社内ブラックと呼ばれるものですが、一般的なブラックリストとは異なり、別の貸金業者には適用されません。

つまり、過払い金請求をした貸金業者からは借り入れできなくなるものの、別の貸金業者からの借り入れにも影響しません。

リスク5.過払い金請求ができなくなる

過払い金は2010年以前に借金をしたことがあれば発生する可能性がありますし、多くの弁護士や司法書士が指摘するように2007年以前の借金であれば高い可能性で過払い金があります。

しかし、過払い金があることと取り戻せることは別問題ですので、過払い金が発生していても取り戻せないことがあります。具体的には貸金業者が倒産してしまった場合と過払い金の時効を迎えてしまった場合です。

貸金業者も営利企業ですので経営状況が悪くなれば倒産する可能性はあります。倒産してしまうと過払い金があったとしても請求先がなくなるのでお金を取り戻せなくなります。また、過払い金は最後の返済日から10年で時効を迎えてしまいます。時効を迎えると過払い金があったとしても貸金業者に返還義務がなくなりますのでお金を取り戻せなくなるのです。

過払い金は早めに相談しましょうと言われますが、これは倒産したり時効になったりとお金を取り戻せなくなるリスクを考えての事です。

リスク6.取り戻す過払い金が少なくなる

貸金業者が倒産するリスクは低くても経営状態が悪くなることで取り戻せるお金が少なくなるリスクはあります。

今では経営状況もだいぶ回復しましたが、かつて大手消費者金融のアイフルは倒産するのではないかと噂されるほど経営状態が悪い時期がありました。この時期のアイフルに過払い金請求をしても経営状況が悪いことを理由に発生している過払い金に対してかなり少ない金額で和解の交渉をしてくるようなこともありました。

貸金業者の経営状況が好転するという大きな見込みがあるわけでもなく、取り戻せる今の時期に過払い金請求をすべきといえるでしょう。

リスク7.生活保護受給中に過払い金請求する

過払い金請求は誰でもいつでもできる手続きですが、生活保護受給中に過払い金請求をする場合にはご注意ください。

生活保護で国からお金をもらっている以上、収入はすべて報告をする義務があります。過払い金請求でお金が戻ってくるとなると一時所得として判断され、最悪の場合には生活保護打ち切りをされる可能性があるのです。

過払い金請求は自分のお金を取り戻す手続きですが、手続きをすることで生活ができなくなるリスクがありますので事前に弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

リスク8.専門家以外に過払い金請求を相談する

過払い金請求は弁護士か司法書士が対応するのが通常です。しかし、自分で過払い金請求する事もできます。

では他に相談先や依頼できる人はいないのかと疑問に思うかもしれません。過払い金の相談だけであれば消費者生活センターや法テラスなどでも対応可能ですが、最終的には弁護士か司法書士を紹介されます。過払い金請求を自分で行うことはお勧めできませんので、やはり最初から弁護士か司法書士に相談することが望ましいでしょう。

過払い金請求の相談を受け付ける団体にNPO法人や一般企業もあるようですが、相談料や紹介料などを取られるケースもあるらしく、避けた方が無難です。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基礎知識