過払い金請求の対象となるにはどんな条件があるのか

過払い金請求の対象となるにはどんな条件があるのか

過払い金という言葉を知っていても実際に過払い金請求をされる方はそれほど多くはありません。過払い金は現在では発生しなくなっているのもありますが、自分が過払い金請求できる対象なのか分からないというのも要因の1つでしょう。

しかし、過払い金請求には期限がありますので時効になる前に請求をしないと自分が損をすることになります。

過払い金請求の対象になる条件を解説いたしますので、自分にも過払い金があるかどうか確認しましょう。

過払い金請求の対象となるには利息次第

過払い金請求の対象となるにはグレーゾーン金利での返済をしたことがあることが条件です。

ではグレーゾーン金利とは何でしょうか?

借金の際には利息が付きますが、利息の計算に使う金利は利息制限法と出資法という2つの法律により定められています。利息制限法では金利は最大で15%~20%と決まっていますが、出資法では最大29.2%となっています。貸金業者が利潤を求め高い金利を取るのは当然です。

しかし、問題になったのは2006年の最高裁判所の判決です。最高裁は利息制限法の15%~20%を適法とし、出資法の29.2%を違法としました。利息制限法の金利を超えた分は返還義務が出たのです。この利息制限法の金利以上、出資法の金利以下の金利の事をグレーゾーン金利と言います。

また、過払い金請求には請求期限があり、借金を完済した場合には完済してから10年が経過すると時効となり過払い金請求できなくなります。

要約すると、過払い金請求できる条件は次の2つを満たす事です。

  • グレーゾーン金利で返済した事がある
  • 完済から10年以内

上記2つを満たす場合には今からでも過払い金請求できる場合がありますのでお早めに弁護士や司法書士に相談しましょう。

余談ですが、弁護士でも司法書士でもない団体(NPO法人など)が過払い金請求を請け負う事がありますが違法ですのでやめましょう。

過払い金請求の対象となる借金、対象とならない借金

ではグレーゾーン金利はどのような時に発生するのかと言えば、金利が高い場合です。次のような借金は全て過払い金請求の対象となります。

  • 消費者金融からの借金
  • クレジットカードのキャッシング

反対に過払い金請求の対象にならないのは次のようなものです。

  • 銀行や信用金庫からの借金
  • 奨学金
  • 福祉協議会からの借金
  • クレジットカードのショッピング

過払い金請求の対象になるかどうかは大きく言えば金利かどうかです。

消費者金融(アコム、プロミス、レイクなど)やカードローン(オリコ、エポス、ニコスなど)での借り入れでは2007年頃まではグレーゾーン金利で貸し付けを行っていたので過払い金請求の対象になるのです。

一方、銀行、信用金庫、奨学金、社会福祉協議会などからの借り入れは金利が低く、利息制限法の金利を超えることはまずありません。そのため、過払い金が発生することはありません。分かりづらいのは銀行系カードのキャッシングです。銀行から借りていると思われがちですが、クレジットカードのキャッシングの場合には時期や企業によっては利息制限法の金利を超えることがあります。

また、クレジットカードにはキャッシング(ATMからの現金引き出し)とショッピング(買い物)の2つの機能がありますが、キャッシングは借金であるのに対し、ショッピングは立替金と扱われるためショッピングに対して過払い金請求はできません。もちろん、キャッシングとショッピングの両方を利用している場合には過払い金請求の対象になります。

当時の借金の金利を覚えていない人でも過払い金請求はできます

グレーゾーン金利で払っていた事が過払い金請求の条件になるのであれば当時、自分は何%で借りていたのかと金利が気になります。しかし、ほとんどの方は当時の契約書や明細は捨ててしまっているでしょうから金利を確認できる書類はないはずです。

当時の金利を調べる方法はありますが、それは貸金業者に取引履歴を取り寄せる方法です。ただ、取引履歴を取り寄せるには1週間~2ヶ月くらいの時間がかかり(業者によりかなり差があります)、1,000円程度の手数料が掛かる場合もあります。

また、取引履歴には借りた日付、借りた金額、返した日付、返した金額だけが載っている事もあり、金利は自分で計算しないといけない場合もあります。

このように当時の金利を調べるのは一苦労ですので、弁護士や司法書士の無料相談を利用することをお勧めします。弁護士や司法書士であればヒアリング内容から過払い金があるかないかを判断することもでき、そのまま過払い金がいくら発生しているのかまで調べてもらう事もできます。

借入時期からわかる過払い金請求の対象

金利を覚えていない場合でも過払い金請求の対象かどうかを判断するおおよその目安はあります。

それは2007年以前に借金をしたことがあるかどうかです。

2006年に最高裁判所の判決が出た後、多くの貸金業者は自主的に金利見直しを行いました。これが2007年頃です。

法律が変わり出資法の金利上限である29.2%が20%になったのは2010年の事です。そのため、制度としては2010年以前の借金には過払い金が発生している可能性がありますが、2007年以前に借金をした事があれば過払い金請求の対象と言えます。

過払い金請求の対象か調べたいけれど貸金業者を覚えていない人に

では当時借りた貸金業者を覚えていない場合にはどうなるでしょうか?

実は貸金業者がどこかを覚えていないても過払い金請求する事は可能です。

借金をすると信用情報機関に「借金をしたこと」が記録されます。この帰属されている情報は信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に問い合わせることで開示して貰う事ができます。そのため、どこから借金をしたのかを調べる事ができるのです。

ただし、どこから借金をしたのかが記録されるのにも期限がありますし、弁護士や司法書士に相談すれば自分で貸金業者を特定する必要もあります。

結局、弁護士や司法書士に相談すればすべてが解決することもあります。過払い金請求に強い事務所は過払い金の無料相談を行っていることがほとんどですので、これを機会に確認してみてはいかがでしょうか。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基礎知識