過払い金請求はしないと損!

2006年頃から過払い金のCMやラジオが頻繁に聞かれるようになりましたので、過払い金という言葉はどこかで聞いたことがあるかもしれません。

過去に借金をしたことがある人には過払い金があるのかが気になっている人も多いはずです。しかし、実際に過払い金があるのかどうかはどうやって調べればよいのか、過払い金はどうやって請求すればよいのかを知らない人も多くいるのも事実です。

ここでは過払い金とは何かを分かりやすく解説いたします。

過払い金請求とは

過払い金請求の前に、過払い金とは何かを知っておく必要があります。過払い金とは一言でいえば「払いすぎた利息」です。貸金業者からお金を借りる際には利息が付きます。この利息は意図してかしていないかはわかりませんが、一時期違法金利で駆り出しをしていました。多く払いすぎた分は今からでも手続きを取る事で取り戻すことができるのです。

この過払い金を取り戻す手続きの事を過払い金請求と言います。

過払い金は何故発生するのか?

かつて、消費者金融やカードローンでお金を借りる際には29近く上の金利が付くことが普通でした。出資法という法律では金利の上限は29.2%だったのですが、別の法律である利息制限法では金利の上限は15%~20%です(借りた額によって金利の上限は変わります)。

ではなぜ貸金業者は出資法の金利を選ぶかと言えば、金利が高ければそれだけ多くの利益が出るからです。20%を超える金利は利息制限法には違反していますが、実は利息制限法の金利は守らなくても罰則がありません。しかし、出資法の金利は守らなければ罰則があります。

つまり、貸金業者はできるだけ利益が見込めて、法律上の罰則がない金利(20%~29.2%)を取っていた時期があるというわけです。

この利息制限法の上限金利を超えていて、出資法の上限金利に納まっている金利の事をグレーゾーン金利と呼びます。

1度でもグレーゾーン金利を支払った事があれば過払い金が発生していますし、今からでも過払い金請求の手続きをすることでお金を取り戻すことができるのです。

過払い金は弁護士か司法書士に相談しよう

過払い金請求は自分で行うこともできます。ですが、自分で手続きを取ることはお勧めしません。取り戻せるお金が少なくなりますし、手間も時間もかかるからです。

では過払い金請求をしたい場合にはどうするかといえば弁護士か司法書士に相談するのが良いでしょう。

弁護士、司法書士と聞くと法律の専門家で堅そう、話していることは難しそうというイメージはありますが、最近では利用者に分かりやすく説明してくれるところも増えました。そして、この手の先生は普段から過払い金請求の相談を受け付けていますので、こちらにあわせて話してくれる事が多いです。

ただし、弁護士や司法書士であればどこでも良いというわけではありません。弁護士でも司法書士でも自分の得意分野があります。企業法務や離婚問題が得意な弁護士に相談しても解決は難しいですし、普段は登記しかしていない司法書士にでは過払い金請求ができません。

ご自身で調べる時には過払い金請求を生業にしている弁護士や司法書士に相談しましょう。過払い金請求に強い事務所は相談料を無料にしていることが多いので安心です。

とはいえ、自分で弁護士や司法書士を探すのが億劫という人も多いでしょうから、全国対応している弁護士や司法書士をいくつかご紹介します。

  • 弁護士法人きわみ事務所
  • 弁護士法人アディーレ法律事務所
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 司法書士法人さくら事務所

上記はいずれも過払い金請求では実績も豊富で相談無料で受け付けている事務所です。

過払い金の対象はどんな人?

過払い金請求は借金を返し終わった人でも現在返済中の人でもできます。重要なのは過払い金が発生しているかどうかです。

次に当てはまる人は過払い金請求の対象となりますので、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談しましょう。

  • 2010年以前に借金をしたことがある
  • 18%以上の金利で返済したことがある
  • 完済から10年が経過していない

2010年以前に借金をしたことがある

大前提として過払い金が発生する可能性があるのは2010年以前に借金をしたことがある人です。

2010年に貸金業法が改正され、金利は15%~20%が適法となりました。これは利息制限法の上限金利と一致します。法律の改正により2010年以降の借金には過払い金が発生することはなくなりました。

逆を言えば2010年以前に借金をした事があれば過払い金は発生する可能性があります。

特に2007年前後に多くの貸金業者は金利見直しを行いましたので2007年以前であればかなり高い確率で過払い金請求の対象と言えます。

15%以上の金利で返済したことがある

利息制限法の上限金利は15%~20%です。上限金利に幅があるのは借りた金額によって金利の上限が変わるからです。借金が10万円未満であれば上限金利は20%、100万円未満であれば上限金利は18%、100万円以上であれば上限金利は15%です。

このように借りた金額によって金利が変わりますので、15%以上の金利を払っていても過払い金が発生しないことはありますが、目安としては15%を超えていれば過払い金が発生するとお考えください。

逆を言えば15%以下の金利であれば過払い金は発生しないといえます。

15%以下の金利とは一例では住宅ローン、自動車ローン、奨学金などのような借金です。この手の借金は金利が安く過払い金請求の対象外となります。

完済から10年が経過していない

過払い金請求には期限があり、完済してから10年が経過すると過払い金請求できなくなります。

ただし、例外的に過払い金請求できることもありますし、10年が過ぎたかどうかを覚えている人は稀でしょう。弁護士や司法書士であればいつ、いくら、どこから借りたのかを調べることができますので、無料相談や無料調査を利用して確認しましょう。

過払い金請求のデメリットは何か?

過払い金請求のメリットはお金が戻ってくることです。

ではデメリットは何でしょうか?

過払い金請求のデメリットはほとんどなく、請求した貸金業者から今後借り入れができなくなることくらいです。意外かも知れませんが、貸した側からすればお金を貸したらお金を請求されたということになりますので、今後お金が借りられなくなることもうなずけます。

しかし、請求した貸金業者以外からであればお金を借りることはできます。例えば、アコムに過払い金請求したので今後アコムからはお金が借りられない、でもアイフルやプロミスからはお金を借りられるという具合です。

つまり、過払い金請求にはデメリットらしいデメリットはありません。

ブラックリストに載るのは嘘

過払い金請求をするとブラックリストに載ると言われることがありますが、これは嘘です。

厳密に言えば、以前は過払い金請求をすることでブラックリストに載ったことはありますが、今では載りません。

債務整理(自己破産や任意整理)をするとブラックリストに載りますが、過払い金請求は債務整理ではありませんので大丈夫です。

ただし、借金返済中に過払い金請求を行ってお金が取り戻せない場合(過払い金では借金を返しきれなかった場合)には例外的にブラックリストに載ることがあるようです。ブラックリストに載るとローンを組んだり、カードが発行できなかったりと生活に支障が出ます。こういうことがあるので過払い金請求に強い弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

クレジットカードでも過払い金請求できる

過払い金請求をするのはアコムやプロミスなどの消費者金融だけというイメージを持っている人もいるようですが、オリコやイオンなどのクレジットカードに対しても過払い金請求する事ができます。

ただ、クレジットカードの場合にはキャッシング機能とショッピング機能の2つの機能があり、キャッシングに対してしか過払い金請求できません。

これはキャッシングは法律上は借金であるのに対し、ショッピングは法律上は立て替えになるかららしいです。

キャッシングとショッピングの両方を使っている場合には過払い金請求できますが、ショッピングだけを利用している場合には過払い金請求はできませんのでご注意ください。

弁護士と司法書士はどっちが良い?

過払い金請求を相談するのは弁護士が良いのか司法書士が良いのかは難しいところです。しかし、実際には過払い金請求が得意であればどちらでも良いというところに落ち着きます。

法律の事は弁護士に相談するという勝手なイメージを持っている人が多いですが、過払い金請求は司法書士(認定司法書士)でもできます。得意か不得意かという点では過払い金請求を普段からやっているかどうかなので、弁護士だから有利とは言えません。そして、弁護士と司法書士を比べると一般的には弁護士の方が高いです。そうなると司法書士の方が安い分良いよいに思えます。

ただ、弁護士と司法書士の大きな違いとして扱える範囲があります。

弁護士は制限がないのに対して、司法書士は140万円以下で裁判になっても簡易裁判所までという制限があります。

ではこの制限が問題になるかというと相談時点では問題になりませんし、過払い金請求手続きを始めてから問題になるかと言えばほとんどの場合、問題になりません。140万円以下とは言っても1案件140万円以下なので多くの場合には司法書士でも対応できますし、簡易裁判所までで終わることがほとんどなので支障にならないのです。

更に先ほど紹介した司法書士法人さくら事務所に相談して金額が多すぎたので司法書士では対応できないという場合に、弁護士を紹介してくれて料金も変わらずという事例を耳にしたことがあります。

結局、弁護士の方が良いのか、司法書士の方が良いのかは相性によるところが大きく、安い司法書士という選択もありです。

過払い金があるならすぐに相談しよう

過払い金があるかどうかが分からない場合には弁護士や司法書士で調べてもらえますし、2007年以前に借金をしたことがあるのであればまず間違いなく過払い金はあります(ただし時効になっている可能性はある)。

過払い金請求は時効になると取り戻せなくなり、非常に勿体ないです。無料相談や無料調査を行ってくれる事務所も多いため「もしかしたら自分にも・・・?」と思った時にはすぐに弁護士や司法書士に相談することをお勧めいたします。

過払い金請求はしないと損!からのお知らせ

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基礎知識